< script type="text/javascript">

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

導入効果シミュレーション


前回の記事で、設置前の電気使用量
太陽光発電の予想発電量を報告しましたが、
今回はそのデータを元に、
設置後どれくらい経済効果があるか
シミュレーション してみました。


その結果、年間導入効果は149,904円。
設置費用の償却期間は9年8ヶ月となりました。

以下が計算になります。 毎月ごとに計算しようと思いましたが、
ちょっと時間がないので1年の平均で計算します。
ざっくりですみません(^^;)。

まず、23年の電気の平均使用量ですが、
朝夕 346kwh 昼間 156kwh 夜間は省略。

そして、HIT4.19kwシステムの予想発電量は、
年間発電量4,884kwh/12ヶ月=月平均407kwh。

以上より、
昼間の消費電力は太陽光発電でまかなえることになります。
発電量407kwh-昼間使用量156kwh=残り発電量251 kwh。

次に朝夕の使用電力をどれだけ発電でまかなえるか。
これについてはデータがないのでざっくりと。
夕方の方が使用している感じがするので
感覚で40%を発電でまかなうと仮定。

残り発電量251kwh-朝夕使用量346kwh×40%=売電量113kwh



ここから経済効果の計算。
売電量113kwh×売電単価42円=売電額4,746円。


そして発電でまかなった分の使用電力代
(買電しなくなった電気)

昼間(156kwh×(夏3ヶ月×夏季単価33円
   +他9ヶ月 ×他単価28円))÷12カ月=4,563円
朝夕346kwh×40%×朝夕単価23円=3,183円

昼間4,563円+3,183円=7,746円 となります。

よって売電量と発電でまかなった買電分を
足した金額が導入効果となります。
売電額4,746円+発電でまかなった電気代7,746円=12 ,492円 となります。

年間の効果は、 12,492×12カ月=149,904円


システムの設置負担額は、1,448,880円なので、
1,448,880円÷149,904円=9.66年間。
約9年8カ月で原価を償却できる計算です。

保証期間内10年ぎりぎりで償却の結果となりましたが、
私が期待しているのは、実は家族の節電意識の向上です。

やはり、太陽光システムを設置することで、
モニターで買電、売電がリアルタイムで見ることができます。

それにより、いつも家にいる奥さんを始め子供たちも
節電を意識するようになると思うんです。
それにより買電が減り、売電が増えて、
計算より償却期間は短縮されると考えてます。


目次へ

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
プロフィール

ベレッタ

Author:ベレッタ
ベレッタ発電所の仕様
太陽電池モージュール:
 パナソニック
HIT 233W 18枚 4.19kw
パワーコンディショナー:
 VBPC240A6
南西12枚 東南6枚設置
発電場所:埼玉県熊谷市
平成24年6月設置予定
家族構成:大人2 子供2
黒ラブ1

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
13947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
463位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。